座って半畳

5月30日

2007
しつこく庭の花々シリーズ。カモミール。これは斜め前の家のSさんからもらったもの。

5月28日

2007
庭の花々シリーズ。こんな花も。とても小さい花なんですけどね。

5月26日

2007
いつもなにかとお世話になっているFさんに案内していただいて、港のすぐ裏手にある古い公設市場へ。昔はものすごいにぎわいだったけど・・・、とのこと。おばあたちが元気に働いていた。ちなみに公設なので、だれでも一角を借りられる。一日200円だとか。

5月23日

2007
これは奄美大島だかに自生しているランで、非常に珍しくて貴重な物らしい。(枯らしてしまわないか心配だ)ランは花が美しいが、食べられないのが難点だ。

5月22日

2007
で、これはスイカの花。大家さんが言うには、スイカはのびが早いから、そろそろ下にわらを敷いてやらんと。確かにそんなふうにしているのを見たことがある。それにしてもスイカはのびが早い!!

5月21日

2007
庭の花々シリーズ、なんと胡蝶蘭。たまたま大家さんが来て、「あのへんにそろそろ胡蝶蘭が咲いてるはずだけど」といって、探したら咲いてました。松の木に、宿り木のように、うまい具合に載せられてました。

5月18日

2007
新宿のゴールデン街のNで。ボトルにはハピイ画伯が絵を描いてくれたので、捨てがたく長く使っていた。引っ越す前に飲んだとき、これが最後かと思って写真を撮った。

5月15日

2007
庭の花々シリーズ「ユキノシタ」南国沖縄にも咲いているんだなー、とちょっとおどろき。図鑑によると食用・薬用になるとか。

5月14日

2007
庭に咲いているランの一種。大家さんがいうには、このランはかなり珍しいのでは、とのこと。

5月13日

2007
今日は心理臨床研修会の大先輩のMさんが沖縄に来ました。渡嘉敷島に行ってダイビングをするとのこと。空港から船が出入りする「とまりん」まで送って、お茶。いつもすてきな笑顔ですね。

5月12日

2007
で、これがグァバの花。昨日摘んだ実は、どうも狂い咲きのようで、これから実がなるようです。つぼみもたくさんついていましたよ。陽の光を浴びて、とても幸せそうに咲いている感じがしました。

5月11日

2007
今日は庭にあるグァバの実と葉っぱを摘んだ。実はまだ少し早いそうだけど、鳥につつかれてしまうのでこのくらいで摘んでおくのがいいらしい。グァバの葉を煎じて飲むと高血圧にいいらしい。

5月10日

2007
庭の裏手に咲いている蘭の一種。僕は初めて見た品種でした。

5月9日

2007
ちょっと前のことになるけど、ハワイからホクレア号が来ました。どうして糸満になのかはわからないけど。木製のカタマランで、とても美しい船でしたよ。

5月9日その2

2007
で、その歓迎パーティーで、クルーの「星を見る人」と記念写真。この船は近代計器を使わずに、この「星を見る人」が星を計ってやってきたんだよ。

5月8日

2007
「よいこのみんな、きょうは何の日かわかるかな?」「そう、そのとおり、今日は5月8日でゴーヤの日。沖縄ではすごい盛り上がりなんだよ」ということとは関係なく、写真は庭に咲くランの一種。

5月6日

2007
庭にはブーゲンビリアの木が二本あるけど、そのうちの一本は玄関先にあって、太い幹に折り紙細工のような花をつけている。

今日は雨の一日になりそうです。

5月5日

2007
糸満に住み始めて3週間。家の庭には見知らぬ花々が咲き競っている。見知っている花も咲いているが。蚊が多いのには時おり閉口するけど、数日前の晩には、庭に蛍のあかりも流れたことだし、まあ、よしということで。

HOMEに戻る