座って半畳

9月30日

2007
昨日の集会の写真が琉球新報の一面と最終面ブチヌキででていた。中身もほとんど教科書検定撤回の特集版といった感じだった。ヤマトではどんな扱いなのかわからないが、沖縄では最大の関心事だ。「過去」を語ろうとしなかったおばあたちも、こればかりは許せないと真実を語り始めている。撤回するまで要求し続ける。

9月29日

2007
「集団自決」検定撤回の県民大会に参加した。参加12万人。集団自決の体験者のはなし、それぞれの思い、記憶に残る大会だった。沖縄では戦争が続いているし、死んでいった大切な人への想いは消えない。暑い一日だった。

9月25日

2007
今日は糸満の大綱引きだった。旧暦の8月の十五夜にやることに決まっている。(ちなみに十五夜が満月とは限らない)なんとか青年会ののぼりやら、何とか婦人会の踊りなどがパレードをしてから、白銀堂に奉納。(白銀堂は由緒ある大切なお堂)それから、やおら大綱引きに。婦人会のこのねーねーはマジックインキでめがねを書いていた。

9月25日の2

2007
大綱引きに参加。10年ほども前だろうか、鳩間島の豊年祭を見たことがあったが、そのときは人が少なすぎて綱引きは中止になった。そんなことを思い出し、お祭りができるのはいいなと思う。

9月20日

2007
今日はお彼岸の入り。ここでは、「柴差し(しばさし)」という一種の魔よけをするのだそうだ。屋敷の四方や家の四方やらに、ススキに桑の葉を結んだものを挿す。となりのねーねーに教わりながら作ったのだが、ねーねーも適当らしい。いつ外したらいいか聞いたら「そのうちどっかに無くなるさぁ〜」だと。

9月17日

2007
ちょっとまえにホームセンターで「しまな」という種を買って庭の片隅に蒔いた。これは「からしな」のこと。種の袋には「沖縄専用」とあり。種を蒔いた次の日から雨が続いたので心配したが、どうやら双葉を出した。

9月15日

2007
いつのまにやら庭に曼珠沙華が咲いていた。花が咲くまで植えてあるのは知らなかった。ふと現れて咲いて消えてゆくというのは、何かに似ているような気がする。

9月14日

2007
過日やんばるに行ったときに撮影したマングローブの花。マングローブというのは俗称で(だと思う)、これはオヒルギかな。やんばるにもみごとなマングローブの森があるのに感動。

HOMEに戻る