tr>
座って半畳

1月29日

2012

凍み大根、仲間が増えました。これでだいたい大根4本分。

1月28日

2012

紅心大根というのだそうだ。皮は白いが、中は真っ赤でちょっと驚く。軽く塩でもんで甘酢漬けにするのがいいというので、やってみた。この味、うまく表現できないけどなかなかいい感じにできました。

1月27日

2012

アピオスという小芋。塩水でゆでると、つるんと皮がむけてそのまま食べるということだった。ゆで時間が足りなかったのか、つるんとはむけなかったけど、ほくほくしておいしかった。

1月25日

2012

信州の郷土料理の本に「凍み大根」の作り方が載っていたので、やってみた。凍みてる凍みてる・・・。こうやって凍らせては解凍させということを繰り返して3月まで干すのだそうだ。おいしくできますように。

1月24日

2012

友達がきたのでドライブ+かぐらの湯へ。近くにいながら天竜川をはじめて見た。とうとうと流れていた。

1月22日

2012

阿智村図書館のカードを作った。ここにも熊谷元一先生の童画が使われていた。係の女性の方が話してくださったには、元一先生に相談したところ、快く書き下ろしてくださったということだった。気さくなお人柄だったという。僕の大切なカードの一まい。

1月21日

2012

近くの昼神温泉のお宿の入り口には、湯屋守様という神様がいらっしゃる。霜月祭りには八百万の神々のサミットがあって集まるが、お湯の神様である湯屋権現様には春までゆっくり入ってもらうのだと。安心して入ってもらうためにこの地に悪い虫が入らないように、春まで湯屋守様が目を光らせているのだそうだ。

1月20日

2012

郵便局の前にこんなのがあった。

石やさ
こまんば
あなほって通れ

こまんばとは駒場(こまば)のことで、ここ阿智村の中心地。「石屋は、駒場を通るのに穴を掘って通れ」ということらしいが、江戸時代ここには関所があって、その関所がことのほか厳しかったらしい。それで、もともとは「石や」ではなく「いじわる」だったらしい。それがこんなふうに子どもの遊び唄になったらしい。
この村にきて知ったのだが、数少ない尊敬する写真家の一人、熊谷元一さんの出身地。熊谷さんは童画も描いていて、これもそう。右下に元一の号。一度でもひと目でもお会いしたかった。

1月19日

2012

それで、こんな漬物用の味噌があって、漬けると・・・。ちなみにこの味噌、決して味噌汁には使わないようにとのこと。

こんなふうになりました。菊芋、にんじん、大根です。菊芋はしょりしょりした食感が独特。

1月18日

2012

菊芋。はじめて見た。
ショウガの腕がないような感じ。ビニール袋にがつんと入って100円。漬け物がおすすめと売っていたおばちゃんに教わったのでやってみます。

1月17日

2012

ご縁があって長野県の阿智村というところに期間限定でお世話になっている。夕べは久しぶりに雪が積もった。15センチも降ったろうか。