7:「女性の味方、三砂ちづる先生」 (2007.2)


三砂ちづる先生を撮らせていただきました。『オニババ化する女たち』という新書本を上梓して一躍有名になりました。三砂先生は助産に関しての研究者で、ブラジルにも長いこと住んで研究・アドバイスを続けてきました。



この取材撮影の時点では、ちょうど妻が聖路加看護大学の大学院を受験する前で、しかも助産学を専攻ということで、「三砂先生のサインをもらってきて!!」との切実な願いを、三砂先生は快くうけて下さいまして『オニババ化する女たち』に「これからの日本には助産師さんが必要なのよ。がんばってね」と言葉をいただきました。それからちょうど2年。今年の4月には沖縄県で助産師として働くことになりました。
三砂先生の優しい笑顔が懐かしく思い出されます。


HOMEに戻る 他の最近の仕事からを見てみる